聖隷横浜病院|看護師採用サイト 聖隷横浜病院|看護師採用サイト

  • お問い合わせ
  • 資料請求
  • 聖隷横浜病院|看護師採用サイト
研修制度
トップページ > 研修制度

看護部研修

新人研修

既卒採用者研修




当院看護部では、以下の方針に則って、新人看護職員研修、段階別研修を計画しています。 

新人看護職員研修、段階別研修


採用時オリエンテーション

みなさんが看護師として働いていく上で必要となる当院の概要や医療安全などの知識を得、心構えをつくる場です。
以下のような内容で行っています。

1.病院理念と方針・目標・組織図
2.看護部の理念と方針・目標・組織図
3.職務明細
4.医療安全・感染管理
5.防災・防犯について
6.接遇
7.コンプライアンスガイドライン   など


研修プログラム

当院では、クリニカルラダーのレベルに沿った研修プログラムを実施しています。
研修生が主体的に学ぶ研修となるよう、講義やグループワークなどを取り入れ工夫しています。


到達を支援する院内研修
レベルⅠ看護技術研修/看護医療安全研修Ⅰ~Ⅲ/フィジカルアセスメント研修Ⅰ・Ⅱ/看護倫理Ⅰ/
ナラティブ研修/メンバーシップ研修/エンドオブライフケア/
看護研究Ⅰ(ケースレポート発表会)/新入職員研修
レベルⅡa看護研究Ⅱ/2年目職員研修
レベルb看護研究Ⅰ(ナイチンゲールの看護論)/KIDUKI研修/看護倫理Ⅱ/チーム医療研修/
看護論Ⅱ(オレム看護論)/リーダーシップ研修
レベルⅢ実地指導者研修/看護倫理Ⅲ/中堅職員研修アドバンス研修
レベルⅣ看護研究Ⅲ/院外研修への参加/管理者研修
既卒者研修(中途入職者対象:就職後概ね6か月以内)
院内認定コース(受講条件あり)
キャリアアップ学習会(自由参加:委員会・スペシャリスト会・部門主催)
※各レベルの黄色マークの研修は聖隷福祉事業団階層別研修

 段階別研修

看護師は、安全で安心できる医療を提供する専門職として、常に自己研鑽を続けていくことが必要となります。その学びと成長をサポートするために、看護師個々のレベルと経験にあわせて受講できる段階的な研修を企画しています。
当院では、クリニカルラダーの各レベルに合わせ、研修生が主体的に学ぶ研修となるよう、講義やグループワークなどを取り入れ工夫しています。



他施設の新人看護師さんが参加できる研修があります

当院で行う新人看護師対象の研修に、他施設(小規模・単一機能型病院等)に就職した新人看護師が参加できる体制があります。
2020年度の参加可能な研修は以下の研修です。

募集
対象
研修
看護フォローアップ研修
看護倫理Ⅰ
メンバーシップ研修
エンドオブライフケア
 主な
内容
臨床の場面から倫理的問題を考える
看護の倫理網領を知る
 メンバーシップやチームメンバーの
役割について演習を通して学ぶ
エンドオブライフケアについて、また
認知症ケアやACPの考え方などを知る
 研修
日時
A:9月14日(月) または
B:9月18日(金)
両日とも8:30~17:00
11月6日(金) 8:30~12:15
12月2日(水) 8:30~12:15
 場所 聖隷横浜病院 会議室
 応募
資格

定員
     2020年度入職の新人看護職員(保健師・助産師含む)

各研修とも5名(先着順)※申し込み期限前であっても、定員になり次第、締め切りとさせていただきます。
 申込
期限
8月31日(月) 9:0010月16日(金) 17:0011月25日(水) 17:00
 応募方法  各施設で参加希望者をとりまとめ、メールまたはファックスにて、以下にお申し込みください。
申込

連絡先
看護管理室 田渕かおり(教育担当)
FAX:045-715-3290
e-mail:kr-tabuchi@sis.seirei.or.jp

受講の可否は、数日内に施設代表者宛、メールまたはファックスにてご連絡いたします。
1週間を経過しても連絡がない場合には、お手数ですが、上記問い合わせ先にご一報いただきますようお願いいたします。

院内他部署研修(院内研修留学)

2週間を超えない期間で、院内の他部署で研修を受けられる制度です。
この研修によって、自部署では経験できない知識・技術の習得や、他部署における医療看護の提供体制等を体験することができます。



院外研修への参加の推奨

当院看護部では、日本看護協会や神奈川県看護協会が主催する研修、近隣病院で開かれるオープンセミナー、
企業が主催する研修などへの参加を推奨しています。




ページ先頭へ
Copyright © Seirei Yokohama Hospital All Rights Reserved.

ページの先頭に戻る