聖隷横浜病院|看護師採用サイト 聖隷横浜病院|看護師採用サイト

  • お問い合わせ
  • 資料請求
  • 聖隷横浜病院|看護師採用サイト
新人研修

看護部研修

新人研修

既卒採用者研修



新人看護職員に対する教育方針

新人教育においては、看護部の教育方針を基に以下の方針を掲げています。

1.臨床看護実践に必要な基本的知識・正しい看護技術を習得し、日常の看護を安全に実践できるよう支援する
2.社会人として、また看護師としての自覚と責任を持ち、チームの一員として積極的に行動できるよう支援する

この方針に則って計画された新人看護教育の目的は、以下の2点です。

1.日常の看護を安全に実践できるよう、当院の臨床看護実践に必要な基本的知識・正しい看護技術を習得する
2.チームの一員として個々が積極的に行動できるよう、社会人として、また看護師としての自覚と責任を持つ


オリエンテーション

みなさんが看護師として働いていく上で必要となる当院の概要や医療安全などの知識を得、心構えを作る場です。以下のような内容で行っています。

・病院理念と方針・目標・組織図
・看護部の理念と方針・目標・組織図
・職務明細
・医療安全・感染管理
・防災・防犯について
・接遇
・ストレスマネジメント
・コンプライアンスガイドライン   など


研修プログラム

段階的に、事前研修、看護技術研修、看護フォローアップ研修にわかれています。

事前研修

就職前の3月末に2日間程度、実際の業務や患者に対応する先輩看護師に付いてシャドウ研修を行います。シャドウとは「影」を意味し、先輩看護師(助産師)に影のようについて回り、「見て体験・学習する」研修のスタイルです。これから看護師として働く自身の姿を思い描いたり、就職後のリアリティショックを緩和したりする目的があります。




新人看護技術研修

知識や技術を習得したり、患者さんやスタッフとの関わり方を学んだりする研修です。就職後約6ヶ月間の勤務時間内に先輩看護師や他の職種の方々を講師役として行っています。この研修は新人同士のコミュニケーションを図る場としても活用されます。同じような悩みを共有しあったり、仲間の頑張りに励まされたりと、元気を“充電”できる研修です。

2017年度新人看護技術研修実績

第1~3回 (就職後1週間以内)

◆看護医療安全Ⅰ
◆感染予防対策
◆嚥下訓練・食事介助
◆コミュニケーションⅠ
◆正しいオムツの装着方法
◆トランスファ・スキル
各職場で以下の項目の「独り立ち」を目指す(4~5月)
・食事介助
・おむつ交換
・点滴挿入と管理
・採血
・血糖測定
・インスリン注射

第4回  (4月中旬)
◆医療機器の種類と操作方法
第5回  (4月中旬)◆電子カルテの操作と看護記録
第6回  (5月中旬)◆コミュニケーションⅡ
第7回  (6月中旬)◆一次救命処置
第8回 (10月下旬)◆エンドオブライフケア(認知症ケア含む)

新人研修写真 ①新人研修写真 ②
新人研修写真 ③新人研修写真  ④


新入職員研修

毎年5~6月に、新入職員を対象とした2日間の院内集合研修を実施しています。これは看護師だけでなく、医師(研修医)、薬剤師、臨床検査技師、
診療放射線技師、管理栄養士、臨床工学技士、事務職員など院内のすべての職種の新入職員が参加し、職員となってからの2ヶ月間を共に振り返ります。
さまざまな職種の職員とのコミュニケーションを深め、医療人としての自分らしい出発点を確認する研修です。+

2019年度版 新入職員研修Ⅰ2019年度版 新入職員研修Ⅱ
2019年度版 新入職員研修Ⅲ2019年度版 新入職員研修Ⅳ

看護フォローアップ研修

臨床現場で働いていくためには、看護技術だけではなく、看護職としての姿勢やチームの一員としての意識を持つことが必要です。看護技術研修が修了した新人看護師を対象に、以下の年間研修を実施し、看護師としての意識と成長を支援しています。


年間スケジュール

4月オリエンテーション 技術研修開始
5月
6月
7月看護医療安全研修Ⅱ
8月
9月フィジカルアセスメントⅠ
10月
11月看護倫理Ⅰ
12月メンバーシップ研修
1月
2月看護医療安全研修Ⅲ
3月看護研究Ⅰ(ケースレポート)

研修制度 研修プログラム 2019年度版

新人看護師へのサポート体制

実際の職場で働いていく上では、知識・技術習得のサポートだけでなく、相談役や相談窓口となる先輩看護師の存在が欠かせません。
当院では、プリセプターシップやチューターシップなど、職場の特性にあわせながらチームで支援する体制をとっています。

プリセプターシップ/チューターシップ

プリセプターシップとは、1人のプリセプティ(新人看護師)に対し1人のプリセプター(指導者)がマン・ツー・マンで教育・指導する方法です。プリセプターにはクリニカルラダーレベルⅠを達成しており、指導者としての能力を向上させる意欲を持っているスタッフを選出しています。
チューターシップとは、新人看護師・助産師一人ひとりに決まった相談相手がつくことです。仕事や学習の仕方、悩み事など、精神面・生活面も含め、多方面での相談や支援を行う制度です。チューターは、新人看護師と年齢的に近いスタッフを選出しています。


チーム型支援体制

新人看護師への指導や支援をプリセプターやチューターだけに任せるのではなく、職場というチームで育てていくことが大切です。アソシエートナース(チーム)、教育グループなど、各職場の特性を活かしたチーム支援体制をとっています。

サポートインストラクター制

就職して2か月間は、日常的に頻度の高いケア6項目を習得することを目標にします。その技術習得のサポーターとして、職場の先輩看護師以外の、サポートインストラクターと呼ばれる看護師が定期的に各職場を回ります。職場の先輩看護師と共に技術を指導したり、技術の体験機会を増やしたり、チェックリストに沿って合格を出したり、といった支援をしています。
 

ページ先頭へ
Copyright © Seirei Yokohama Hospital All Rights Reserved.

ページの先頭に戻る